土木犬キラ

土建業の日常(ママと従業員さんの成長日記)
Posted by kira   0 comments   0 trackback

予約は2年待ち

初めて頂いたときは 感動したの 榎木
やっぱり また頂いても美味
moblog_81be4e28.jpg

体にも心にもとっても優しいお食事です

moblog_b40a912c.jpg六人で頂いてます

お水やお茶を飲む暇もないくらい みんな黙々とお箸を動かす
moblog_53d65c14.jpg

moblog_831c527b.jpgこのころには 満腹サイン点灯中(笑)

moblog_c21fcfae.jpg

会話も内容が濃く いいお食事会でした

moblog_dcf6eb8f.jpg







スポンサーサイト
Posted by kira   0 comments   0 trackback

芝の色

緑が増えてきて 心が癒されますね

芝の生える季節になると 思い出すのが 支配人のお話です。
 
「着任した年に ○○君 芝が緑じゃないじゃないか。って指摘される夢を何度も見てね
 飛び起きちゃうの。
 毎日 何度も何度も コースを歩いては祈ったものだよ。」

こんなに立派な方でも そんなことを思うんだなぁって思ったし
仕事に対する姿勢と重責を感じたものです。moblog_447a7394.jpg

moblog_04cc0bbb.jpg

青い空に真っ白なバンカー  そして キラキラな池
陰にはゴルフ場の皆さんの管理と努力と思いがあるんだよね
Posted by kira   0 comments   0 trackback

思い返す

以前
日本を代表する企業の会長さんと
これまた 世界をまたにかける企業のボスと お食事した時の事
お仕事の話になって


会長  「僕はね 入社した時 営業に配属になって
       一番最初にしたことはテープレコーダーを買ったんだよ。」

     「 許可を頂いて 何件もの取引先で録音させてもらって
       自分で 聞き返したら はずかしくてね。
       自分の話しかしてないんだよね。
       それから 人の話を聞くことに集中したら  
帰りに宿題を頂けるようになってね。宿題を頂けるってことはまた伺えるってことだから
       ありがたかったねぇ。」


素敵なお話は お食事が何倍も美味しくなります。

     「それと僕は 人をいじめてないんだよね。ご縁を大切に大切に育てたんだよ。
      それが今でも 僕を助けてくれることがあるんだよ。」

ボスも 同じようなことを言ってました。
     「人の話を 聞いて聞いて聞く。そうすれば 向こうから 聞いて下さるようになるんだよ。」

moblog_2beee756.jpg


会長は 大黒様の姿が いつも心にあるそうです。
  大黒様についてどう思い どう考えるのか宿題を頂きました。

その日は沢山 印象に残るお話を頂きました。

感謝相起

言葉と態度の悪い人は先生。
そうならないように教えてくれてると思う。

さて 
会長の思う大黒様は

いつも笑顔でご縁を大切に
うちでの小槌は コツコツと一生懸命働くことを教えて下さってる
袋は 知恵袋
知恵袋から出るのは 自分の心と学び
日々精進をわすれずに。


そんな答えを頂きました。














 
Posted by kira   0 comments   0 trackback

おっと(笑)

今日 お友達からランチに誘って頂いてたけど
都合が合わずに 泣く泣くお断りしたの

そしたら 写真が送られてきました

知ってはいたけど
見て大笑いしました

moblog_37f3c133.jpg

トッピングわかりますか?

ではサービス写真
moblog_8d84f922.jpg

そうなの
分かったあなたはすごいわ

moblog_d5e11c38.jpg




チョコレート焼きそばを食す会でした(笑)

Posted by kira   1 comments   0 trackback

3月ですね

お花名は ベルフラワーです

moblog_650774b4.jpg

毎年この季節に頂く 素敵な とっても大切なお花です

心から尊敬してる方がおりまして

いつも厳しく 時には張り詰めるような緊張感を持って
期待以上にできるように 努力をし結果を出すこと。
才能を伸ばすこと。
ビジネスも人生も生活も 沢山教えて頂きました。
色々 チャンスを頂きました。
沢山 注意とご指導を頂きました。


「すっかり洗脳されていますね。」って言われる時もあるけれど
洗脳で 自分が変わり伸びるなら 光栄です(笑)

ただ そんな恵まれた時間は永遠に続くわけじゃないことを
儚く大切な時間を 時の流れを感じたんです。

moblog_84951b20.jpg
 
その方の書いた この歌詞を見たとき
色んなその方の思いや方針が 思い出も含めて思い出されて
胸がいっぱいになりました。

もっともっと
叱ってご指導いただきたかった。

私が 後輩にできることはなんだろう
そう考えたときに あまりに自分は小さいなと。
だからこそ 
日々是修行ですよね

大人になってからの叱っていただくありがたさに 心から頭が下がります


走るのも大切だけど
先ずは 一歩から。