土木犬キラ

土建業の日常(ママと従業員さんの成長日記)
Posted by kira

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by kira   0 comments   0 trackback

階段右




少し隙間を開けたのは 将来手すりが必要になった時に対応できるようにです

庭の絵を描く時は 少しドラマチックに描くけれど
実際に施工する時になると 細部は将来の事を考え相談しながら進めていきます
草抜きとか剪定とか・・・・庭の隅々まで考えます
もっと言うなら 西日の角度や通行度合い
何度も家の前を歩いて視線の確認もします
家の回りも 怪しいぐらいぐるぐる歩く 車でも走ってみる

事務員さん達は主婦だから 主婦目線での導線の確認もお願いしてます
子供の自転車の置く場所 通学路  
「子供が帰って来た時気付き易いよう ここの木は止めましょう。」
ママじゃ気付かない事を教えてくれるの。

何度も何度も図面とにらめっこして 現場に行って
単純でも 暮らしやすい庭を提供するようにしています。


昔は とにかく見栄えのいい庭をって思ってた気がする
お金のかかった ゴージャスな庭も素敵だけれど
生活に寄り添える庭が最近の好みかなぁ


自宅の庭をこれから施工する方は その会社の施工例を見せてもらって
自分の好みに合うかどうかと 将来設計と日常を伝える事が
満足に近い庭を作るコツだと思います。
スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://hidaka1006.blog25.fc2.com/tb.php/1458-c1b39cd9
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。