土木犬キラ

土建業の日常(ママと従業員さんの成長日記)
Posted by kira   0 comments   0 trackback

大人とは

4月30日 決算締日
夕方から皆でお千代保さんへ向かうため 少し早めに会社に戻って
キラさんと遊びながら 監視カメラの映像を眺めてたら
「ん?」 何か動いてる
よく見てみると 子供たちが3人で塩ビ管を運び出してるの
走って行って

「何をやってるの。」 
「ここは入っちゃいけない場所よ。」
って声をかけたら 三人は固まって

「何をしていたの?」
「この辺の子?小学校はどこ?」って聞いたら 一人の子は泣きだしちゃった

「けがはない?」って聞いたら 
「ひじ 擦りむいた。」
「手の皮剥けた~。」

「それぐらいのけがで済んだけど 死んじゃったり大けがをすることもあるんだよ。」

名前も言わないし しょうがないから小学校に電話をかけたら
「注意してくださってありがとうございます。すぐに伺います。」 爽やかな対応


小学校の先生を待ってる時 これまた知り合いの元校長先生が偶然通りかかって
対応をしてくださったの。 (近所にお住まいです。)

元校長先生は 何をやったのか聞いて 何が悪い事ってどこまで認識してるか聞いてる

「人の会社に勝手に入って遊んでました。」
「人のものを勝手に持ち出しました。」
「入っちゃいけない場所で遊んでました。」

「そうだな。
 ここは危険なものが沢山ある場所だ。
 大けがをするかもしれない、死んじゃうかもしれない
お父さんお母さんが悲しい思いをするし 君たちも痛い思いをする。
でも
この土地の社長さんや社員さんの心も 痛くなるんやぞ。
君たちの行動で 傷つく人が沢山いるんだ。」

「そしてまずきちんと誤ったのか?
悪いことをしたと思ったら まず一番に謝りなさい。」

優しく 小学生に分かりやすく諭してくださる

子供たちもすっかり素直になって
名前や住所を名乗り よく話すようになってきました。











スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://hidaka1006.blog25.fc2.com/tb.php/1726-83941309