土木犬キラ

土建業の日常(ママと従業員さんの成長日記)
Posted by kira   0 comments   0 trackback

大人とは Ⅱ

電話対応をしてくださった小学校の先生が到着
元校長先生と話してくださってるので お願いしてそこを離れたら

教頭先生到着
立ち話をしてて 心に残ったのは
「昔は うちの子よその子関係なく 
 悪いことをすれば 大人がきちんと叱ったり 指導してくれたんですよね。
世間がみんなで子育てに協力してくれてたんですよね。
本当にありがたかったんですよ。」



子供たちがまた謝罪に来てくれて
「お姉さんからは なにかありますか?」って言ってくれたので
  (・・・お姉さんはきついよね(笑))

「今回はけががなくって本当に良かったです。
 君たちは高学年でしょ。
 今度は低学年の子を注意したり、指導する立場になって
 低学年の子たちが目標にしてくれる子になってくださいね。」


ちょっと違うかなぁ でもうまく言葉が出てこないの
伝えたい事分かってくれるといいな

3人いたでしょ
注意されて 泣いた子 下向いて目を閉じた子 言い訳した子
三人三様の対応だったけど
対応が悪くても 決して 子供たちが悪いんじゃないんだよね


子供は何も知らず生まれてきてくれるでしょ
大人がきちんと 教える、伝える、導く
何度も何度も 教える、伝える、導く
悪いことしても 感情論で怒るんじゃなくて きちんと叱って導く
それが大切だと ママもとっても勉強になりました。


駆けつけてくれた先生、教頭先生 通りかかった元校長先生
こんな立派な先生方に 見守り教わる この子たちは幸せですね


 
スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://hidaka1006.blog25.fc2.com/tb.php/1727-c8f6705d