土木犬キラ

土建業の日常(ママと従業員さんの成長日記)
Posted by kira   0 comments   0 trackback

言語  ただの愚痴です

同じ国の同じ言葉で話してるはずなのに 伝わらない

夏のイベントを企画して進めております。
担当は Mさんとママ

ママは タイムスケジュール作成 会場確保に始まり
お料理やワインの打合せ、プレゼントやサプライズの仕込み 演出のお願い
会場の準備 マイクに機材 そして欠かせないピアノ 曲の打合せ
ママと交流のある方々に声をかけ 助けて頂き
それなりに順調に進んでます

ですが

一番大切な出席人数が把握できていない

出欠をとるのはそのMさんの担当
それが なかなかできないらしい

出欠をとるなら まず案内を送りコンタクトをとるよね
そしてお返事を頂く おおよその日を設定する
そんな感じかな

「誰からもお返事が来ないのは届いてないのでしょうか?」 私が分かる訳がない
「15日に報告いたします。」    14日の夜 まだ案内が遅れてないのに?
「不安にさせてしまってごめんなさい。」    回答不能。

出欠だけ頑張ってくれれば 後はママが全部やってるのに。
なぜ それを頑張ろうとしないんだろう。

S崎さん 案内頂いてないから送ってほしいって言ってましたよ。 「2回送ってます。」
もう一度送ってあげたら?   それっきり無回答  もちろん送ってない。 

なのに
「そのお料理食べたい。」 
「下見がてらお店に連れて行ってください。」
  それより出席人数を・・・ママはため息

事務員さんたちは
「そういう子に 男は弱いんですよ。甘え上手ですもん。」

それでいいのか?
女子は逞しくしなやかに 日本を そして男子を支えて働くものじゃないの

これもお勉強と ぐっとこらえて  「日々是修行」 を 唱える日々

挙句の果てに 「結局なにをすればいいんですかね。」 だからね出欠を・・・
「会場は 大成功だと思って自信あるんですよ。」 内容も打合せてないのにその自信は?
「私 人に喜んでもらえる仕事がしたいんです。」 だからね まずは出欠を・・・。

ママが案内を送れないのは Mさんが立場上リストを持ってて Mさんしか連絡できないの
交流のある方は 直接お話しして 出席の連絡を頂いてる。

でも このやり取りはいつまで続くんだろう。
あと1か月もないのに・・・。


スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://hidaka1006.blog25.fc2.com/tb.php/1745-b610d470