土木犬キラ

土建業の日常(ママと従業員さんの成長日記)
Posted by kira   0 trackback

理解不能

 印鑑を押したり 契約書を交わすのは好きじゃない
そんな馬鹿げた事を言っちゃう元請けさん

お金の事もいい加減で
変更や追加をどんどん出すのに なかなか金額を見てくれようとしない
書類もほとんどこちら任せなのよ


今回の現場は 追加工事が約300万
追加工事分の交渉していたら
何故か 注文書を交わす事になって
それはいいのだけれど 書類の内容を見たら 追加工事は一切見ない契約書なの
?????
もちろん印鑑は押せないじゃない
請書も返せないわよね


同時進行してた その方の自宅の庭工事は終了
綺麗に仕上がったわ
そのお金をくださると言うので 領収書を従業員さんに持たせるのに頂ける金額を聞いたけれど
金額を教えてくれないの

他の現場の注文書もあるし どうしても今日中に請書をほしいと時間まで指定されちゃったし・・・。
それで 仕方なく印鑑(認印)を 従業員に持たせることになっちゃったの

この時点で覚悟はしたけど HBを信じたい気持もあったの
パパもママも どうしても抜けだせないお仕事だったしね


「金額訂正か 条件変更をするまで 絶対に印鑑を押しちゃだめよ。」
何度も何度も念を押して おくりだしたの
HBも 意気込んでるしね。
今回ぐらいは信じたい。


ご想像道理ですね
HBは 印鑑を押して 請書を渡し帰社しました。
元請けさんは
「認めたんだから 追加工事は一切みない。」


預けたママが一番悪い。それは分かってる。

HBは
「すみません。あの元請けはあかんすよ。」
けろっと帰社できる気持ちが分からないの

問いただしたって 無言になるだけだし。


自分は 会社に居辛くならないのかな。
パパやママの顔を見辛くないのかな。
考えてる事が 考えてる方向がよく分からないわ。

でも 今週は 決戦の週。


スポンサーサイト

Trackback

trackbackURL:http://hidaka1006.blog25.fc2.com/tb.php/989-7da1a8e5